« 2020年1月 | トップページ | 2020年3月 »

2020年2月29日 (土)

私だったらどうするかと聞かれて気づいたこと

2月は逃げる…っつーわけで、あっというまに2月に取り残され茫然とするわたくしです。

明日からいよいよ3月ですが、とにかく、いただいたお仕事をひとつひとつ丁寧に迅速にやらせていただくだけさ。

ところで。

先日、お電話で家族信託のご相談がありました。

詳細は書けませんが、超遠方に住まわれている親御様の面倒をみていらっしゃる方でした。

家族信託は、契約当事者様がしっかりと契約の構造をご理解いただく必要があったり、他の方法(遺言や成年後見等)が適当だったり、または代替できたり、といういくつかの大きなハードルを超えて手続きに進む必要があることから、そのあたりを、本当はお会いしたほうがよいところ、ご相談者と私の距離も相当遠方でらっしゃったこともあり、とりあえずは電話でお伝えしました。

私は基本的に「何が何でも家族信託っすよ!」な家族信託崇拝司法書士ではないので、いろいろとお客様に説明をしつつ、「家族信託」が必ずしもベストな選択というわけではないということを、じんわりお伝えしていたわけですが、

お客様から

「では、先生がもし私だったらどういうふうにしますか?」とお尋ねされ、その時私は、うまく答えることができませんでした。(自分の夫の親の話にずらして話したりした…)

んで、私はその後もそのことがずっとひっかかっていたのですが、その夜寝ながら考えたときに、

「やっぱ…家族信託かな…」と思い至ったりしたわけです。

私は何件か後見業務をお引き受けしていますが、自分ごとに置き換えてみたとき、はじめて、「親が遠方だったとしても、自分が面倒をみれる範囲だったらやっぱり身内で面倒をみたい」と考えたのです。

そうすると、成年後見は、それがかなわないことが多々あるのです。

成年後見の制度についてはかなり理解をしているつもりですし、自分自身の判断能力が衰えたら(私は子どもがいないこともあり)「やっぱ成年後見かな」と思っていました。

ですが、自分の「親」をどうしたいかとなると、違う感情があるものですね。

たくさんの方が家族信託を希望される気持ちが、今更ですが、わかる気がしました。

お電話をいただいたお客様のお役には立てませんでしたが、家族信託の意義みたいなものを気づかせていただきました。

 

 

 

2020年2月25日 (火)

マスク使用方法

大変なことになってきていますね、コロナ肺炎。

現時点で私が大丈夫なのかどうかは実際のところわかりませんが、とにかく「もらわない、広げない」という気持ちで、マスク、手洗い、除菌等に励んでおります。

今日は朝から太宰府方面へ行きましたが、筑紫野市役所でも置いてあるアルコールジェルを手に塗りたくったり、ご来所いただいた方で、マスクをお持ちでない方へはマスクをお渡ししたり、除菌シートを使っていただいたりしています。

…となかなか対策取れてる偉いワタクシのようですが、

夕方西新法務局に行った際、愛車マチ子内でマスクを外しておりましたので、法務局に入るときにマスクをつけ、法務局を出た後またマスクを外したところ、

ななんとマスクを裏返してつけていたようで、皆様の見えるほうに私の口紅がついた面をさらしていたという超気持ち悪い事実に気付き、我ながらげんなりしました。ほんとすみませんすみませんすみません。

そもそもマスクはつけたり外したりしちゃいけないっつー…(自戒)

とにかく、早く収束してほしいですね。。お互い気を付けてまいりましょう。

 

 

2020年2月 8日 (土)

プチグルテンフリー

2月になってようやく冬っぽい寒さがやってきましたね。

とはいえ、例年に比べるとぜんぜん暖かく、寒さに弱めの私ですらあの身を切るような冷たさが少々恋しいところです。(嘘でないところが驚き)

さて、1月も早々に過ぎゆき、2月もいうたらもうすぐ半ばってやつだ!

おかげさまでいろいろとお仕事にあたらせていただいております。本当にありがとうございます。

今年はPC環境変えており、本当に仕事がはかどるようになりました。

ラジオをBGMにしている状態も、とても調子いいです。(たのしー)

そういえば私受験勉強とかは、すべて音楽かけたりラジオ聞いたりしながらやってたなーと思いだしたり。

それから、まだ一ヶ月程度ですが、現在、ゆるやかなグルテンフリー(小麦系排除)生活をしており、これが身体のパフォーマンスにどうも好影響を与えている気がします。

これを始めたとき、というか、いまもそうですが、小麦を生活から排除するというのは、実際相当難しいことに気付きます。

大好きなパンやパスタとかはがっつり小麦でできていますし、ちょっと小腹がすいたなとか、休憩とかそういうときのお伴には、ほとんど小麦系だったりするので、「アタシ食べるものないじゃん!」ってくらい茫然となるわけです。

しかし、昨年末から胃腸がマジで壊れ、先月は超超苦手な大腸内視鏡検査もしたくらいですから、この状態を解決できるならと、わらにもすがる思いで、グルテンフリー生活を選んでみたのでした。

ただ、やはり完全フリー生活は私にはストイックすぎるので、摂取量を少し意識してみて、いくつか選択枝があるのであれば、そこであえての小麦は選ばんでいこう、くらいの感じで現在はやっています。(だからいただくときはいただくのです。おやつとか💕)

それでも、だいぶ調子がよくなっている気がします。

小麦排除したときの効果として気になるのは、なんかちょっと痩せてしまうというところ。

もともと枯枝のような私ですから、オバハンになってさらに激やせは周囲に迷惑では…と思わんでもないです。

ですが、仕事をよくこなし、私生活を安定的に過ごすためには、こういった生活習慣をコントロールすることもある程度必要なお年頃なのかなと感じております。

まじめな話で恐縮。みなさまよい週末を。

 

« 2020年1月 | トップページ | 2020年3月 »