« 私のなかにコント55号集結 | トップページ | つぶやき »

2017年12月21日 (木)

はんせい

12月にご紹介から本店移転の登記をさせていただいた会社様から、昨日朝いちでお電話がありました。

まだ家におりましたので(爆)、携帯に転送になったものを光の速さで取った次第。

先日、登記完了のご連絡をして謄本を必要通数取得したところでしたが、銀行さんにお持ちになるようで少々お急ぎとのことでした。

しかし珍しいことですが、あいにくこの日は一日中ツメッツメに詰まっており、私の信条としている「できるだけお会いしてお渡ししたい(しかも初めてのお客様)」という気合いをお見せすることができないため、

心苦しくも「誠に申し訳ございません…実は今日がどうしてもどうしても伺う時間がなく、もしよろしければ郵便の方法でお送りするか、わたくしのほうから銀行さんにお届けするよういたしますが…」などと伝えようとしたその時、

ダダダダダダ…ダダダダ!

「わあああん!わああん!」

うちのお嬢様猫てんちゃんがダッシュでやってきて、しかも真横で鳴きはじめやがったのです。

(いかん!どっかのドアが開いてたのか!)

実はてんちゃんは私が携帯で話をしているのが大嫌い。

電話をかけ始めるとババババっとかけよってきて鳴き始めます。

たぶん誰もいないのにいきなりすごいテンションでしゃべってる飼い主が、空恐ろしく感じるのかもしれません。

今回は初めてお仕事をさせていただいたお客様、しかも急いでおられるというのに対し郵送という方法で対応することをお許しいただく電話の横で、猫の鳴き声。

それをなんとかごまかそうとして向こうに追いやろうとすると余計にぐいぐいと近づいてきて「わああん!わああああん!わあああああああああん!」と負けずに叫ぶてんちゃんが、初めて憎く感じました。

私の「時間がない」という言葉は、空虚に響いたことかと思います。

その後時間をやりくりしてお伺いするスケジュールを立て、クライアント様へご連絡してみましたが「郵送でいいです。」とおっしゃられました。

お気遣いしてくださったのかもしれませんが、いずれにしてもお客様が求めるときに求めるものをご提供できないのはできるかぎりあってはなりません。ましてやその理由をご説明するときに、後ろがふざけたようになっては本当にいけないことです。

でも動物に罪はありません。

全ては私の不徳のいたすところです。ううううすみませんでした。

仕事納めまで土日いれてもあと7日。まだまだ気が抜けませんが、気持ちを落ち着けてがんばります。

« 私のなかにコント55号集結 | トップページ | つぶやき »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 私のなかにコント55号集結 | トップページ | つぶやき »