« 江戸浪花 | トップページ | クーラー1台勝負 »

2017年7月12日 (水)

初もの

今朝、お客様(おじい)から「先生と事務の方にスイカをあげようと思うと。」と電話が入りましたので、「わっすみません!お気遣いありがとうございます。でも、嬉しい!」と申し上げました。

おじい「でね、私の家の石垣が下のほうにあろうが?(←家広大)あの下で私はスイカとか作っとるやろ?(←知らない)ま、スイカ以外にもいちじくとか作りよるけど、今年のスイカは甘くできとるよ。最近水害があっとりまっしょうが?あのあたりは今大変なことになっとるから果物も流されてから…」という話が延々と続きまして、

どうやら私たちが頂けるスイカは、おじいの家の石垣の下のほうにあることになっているらしく、そこに勝手に受け取りにあがるという段取りのようでした。

昼、おじいの家の周りをこそどろのようにぐるぐる回りましたが、なかなか場所がわからず、これ以上回ってると暑さで倒れそうだったので、おじいの家に寄らせてもらい、おじいから「石垣の下に置いとろうが」と怒られながらもう一度よく見ると、スイカがふたつ、道端に置いてあることに気づきました。

確かに石垣の近くにおいてありましたが、この道端のスイカが私が頂くべきスイカだと断定するのは少々難しいような…でもしっかり捕獲。夏をいただきます。

« 江戸浪花 | トップページ | クーラー1台勝負 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 江戸浪花 | トップページ | クーラー1台勝負 »