« いわゆるマンイーター | トップページ | ダバイ!ハラショー!スパシーバ! »

2014年9月19日 (金)

つぶやき

さて、裁判所への書類作成は、司法書士のお仕事ですが、裁判所の規則の実務への反映やその実行方法(いわゆるフォーマット)なんかについては、弁護士さん方(というか弁護士事務所の事務員さんかも)にはいやもうほんと、及びません。すみません。

これが法務局でありますと、やはり日常お世話になっていますから、「ここは法務局と事前に打ち合わせたほうがいいところ」と「法務局に聞くべきことではなく、当然わかってやるべきところ」のさじ加減というのがみえているのですが、

どうしてもアウェイ感がある裁判所の場合、そのあたりの機微がわからず、クールな書記官様と話した後、我がの無知を置いて、「ちょっ!裁判所ってさ~!!」というやさぐれ文句もつい出てしまったりします。 (^-^;

が、前記のとおり、裁判所の書類作成は司法書士のお仕事。

やはり裁判所に甘えてはなりません…(当たり前ですけど)。

とはいえ、フォーマット的なことや細かい規則の実務への適用などについては、なかなか調べる方法がない。

膝を折る私に、簡裁の方が教えてくれた本がこれでやんす。

Photo

「これはけっこう使えますよ」と教えてくださって手に入れましたが、確かに、かなり細かいところまでフォローされている素晴らしい本です。

帯に『現役の裁判所書記官を多数迎えた信頼の執筆陣!!』とありまして、これを手元に置けば、書記官がまるで隣に座ってくれてるようなことになるわけでしょう、これほど頼りになることはありません。

いやもうほんとだめ~とか思っちゃうけど、例によって例のごとく

『神様は、乗り越えられない試練はお与えにならない』ですね!アタシおおげさ?ごめん!

今週もおつかれさまでした~ん。

« いわゆるマンイーター | トップページ | ダバイ!ハラショー!スパシーバ! »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« いわゆるマンイーター | トップページ | ダバイ!ハラショー!スパシーバ! »