« 業務報告 | トップページ | 朝、梅干とお茶だけ飲んだら胃酸過多になって気持ちが悪かったです。 »

2009年6月15日 (月)

市民後見人

今日の日経新聞に、成年後見制度に関連する記事で、「市民後見人」のことが載ってたですよ。

市民後見人というのは、判断能力が不十分になった人に対して、家庭裁判所が後見人を選任する際、親族や職業人(司法書士、弁護士など)以外に、一般の市民を選任するというものですね。

職業人は、それぞれの士業に、職業倫理というのがあって、それをきちんと守ってないと、資格を剥奪されたりもするから、ちゃんと間違いないようにやっていっているわけだけど(普通はね!!)、一般の市民の方にはそういうのがないから、ちょっと不安ちゃー不安とも言われているわけですけど。

でも、市民後見人さんの場合は、その後見人さんを監督する「後見監督人」という人が選任されたりして、間違いがないようにいろいろ考えられている部分もあるようです。

何しろこれから高齢化社会。職業人だけだと絶対人が足らなくなるよ。

市民後見人さんが安心して業務できるように、私らも成年後見制度について、もっと理解を示してもらえるよう、努力をする必要があるのかもしれないですね。

といっても、なかなか複雑で悩ましいことが起こるのも後見制度。遺産分割協議のために必要だったりとかの場合は、正直なかなか大変ですよなー‥

« 業務報告 | トップページ | 朝、梅干とお茶だけ飲んだら胃酸過多になって気持ちが悪かったです。 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 業務報告 | トップページ | 朝、梅干とお茶だけ飲んだら胃酸過多になって気持ちが悪かったです。 »