« 2009年4月 | トップページ | 2009年6月 »

2009年5月27日 (水)

おおあわて

みなさんにお伝えできる爆笑事件もなく、ブログアップもままならない日々が続いております ( ゚д゚)

けさはお取引で西鉄香椎駅まで行きましたところ、昔は路面だった駅がすっかり高架となっていたため、「しまった!乗る電車を間違えた!!!」と思い、車内で飛び上がって「え!?ここ!?どこかいな?あれあれ!??え」などと独り言を叫びながらまさに右往左往していたら、優しいおばさんが「ここで大丈夫よ」と教えてくれました。

どう考えても挙動不審だったのに、優しい人です。

ドアも閉まらんとす、だったので、お礼も叫びながらでしたけど、本当に感謝してます。ありがとうございました。

あそうそう。今日は、とある長い事件で、こうなったらとことんまで頑張ってみよう!と思った日でもありました。いい方向に向かうことを信じてな☆

2009年5月22日 (金)

④あっでも今日は岩盤浴に行ったも同じか。

午前はお取引。こないだラスト入りしたときに汗だくになったから、今日は優雅に早めの到着。

順調に書類を揃え、委任状の印鑑を「アタクシが押させていただきましょうか。」などと申し上げてバンバン押印プレイをしていたら、売主様が「ちょっと質問していいですか?」と。

「えええもちろんどうぞ~」 「なんで印鑑ぜんぶ2箇所押すの?」

 

Σ(;・∀・)  アッ……!!!!!

司法書士以外の皆さんに説明しよう!
登記申請の際にはいろいろな書面を司法書士が作成して、それに申請人さんの署名や押印をいただくのであるが、
例えば作成した申請書類に軽微なミスをハケーンした場合や書類の一部が追って変更(あくまでも軽微な範囲に限る)となったりした場合に、「捨印(すていん)」として、書面のどこかに押印があれば、軽微なミスについて削除加入修正が可能であるという、ある意味、敗者復活にも似た魔法の刻印なのであーる。
しかし、「捨印」があれば文書の改ざんもある程度は可能であることから、法律文書を作成する際、安易に「捨印」は押すべきではない、ということも申し添えておくぞなもし。

Σ

Σ(;・∀・)  ……ガクガクブルブル

アタクシはすぐに落ち着いた声で、「それはとても大切なご質問でございますよ。これは捨て印と申しましてですね…」と説明を始めましたが、体は正直です。

せっかく制汗状態をキープしておりましたので、そこからは発汗システムがMAXで作動してしまいました。

今日、クリーニングタグを外したスーツを着ていったのに、もうひと夏越したみたいな。

まあ、言い訳をしておくとですですですね(←動転)、捨て印をいただくことをお伝えしてから押印することもあるんですのよ…。

今日はその他にも言わなくていいこと言ったりとか、発言が言い訳っぽかったなーとか、いろいろありまして、全くもってほんっと自分って奴ぁ、だめだめだなーーーーーーーーーー。

仕切り直して明日からまた頑張ります。皆様、今後ともよろしくご指導お願い申し上げます!

③でもいま岩盤浴行ったら100パー寝るね!

うーむ、ちょっと重なってる気味!?

今日は教習所さすがに行かなかったわ~(行くなよ。)

てゆうか今運転したら疲れてるから事故起こしそうです、所内でですけど。

外出中、歩いているだけで足がつったくらい。降霊かな?

あ、高齢か!

スタッフ嬢にもがんばってもらってぴしゃーーーっと5月末を乗り切りたいと思います。

…そんなこと言っちゃって、来月は仕事がなかったらどうしようぅぅなどと先走っておびえてる(毎月だけど)零細事業主の所長でした。

2009年5月20日 (水)

②岩盤浴行かせてくれ~

火曜日もちょっと遠くの金融機関さんへ行ったりお客様のご相談を受けたりなんだりでした~ (´Д`;≡;´Д`)アワアワ

初めてのこともあったりね。不在住証明すら取得できないときって…ああああ

じゃっかん目がちばてつや…じゃなくて血走って舛。脳もね!

そういやわかっちゃいるけどマスクどこにも売ってませんよ!

使い捨てマスクが品薄ならば、それにこだわらず、従来の布マスクで良いではないか!と思ってそのコーナーに移動しましたが、売り切れでした。

ってゆうか、使い捨てマスクコーナーでがっかりしてる人の流れは皆、この布マスクコーナーにたどり着いている事実発覚して気まづかったです。

しょうがないから楽天でマスク買っとこうと思ったけど、「6月末入荷」の表示にひるんじゃってポチできませんでした。

ほんじゃー。

(熊本のTさーん教習中で電話取れなかったよう。ごめんナス

2009年5月18日 (月)

①背中ガチガチっす。

月曜は朝から晩までてんやわんや師匠でした。ヽ(;´Д`ヽ)(ノ;´Д`)ノ 

うーんとにかくいろいろ落ち着いて頑張りますモー

余談ですが、日曜日、初めて実技教習があり、ゲーセンにあるみたいな機械で、バーチャル運転をしました。

我ながら驚いたのですが、実はね、大きな声じゃ言えないが、これで逆走しましたんですよ私…ええ。

教官がびっくりしてなかったのは、そんなに珍しくないことなのでしょうか。

だといいんですけど…。

2009年5月15日 (金)

お嬢ちゃまとミッちゃん

今日は朝いちで不動産屋さんと来週の取引の件で打ち合わせた後、筑後市と大牟田市へおでかけDAYでした。

私にはとても珍しいことですが、お昼も食べずに回ったばい。お宅から駅までは例のごとくお客さまがたのご好意に甘えて送っていただく…恐縮DEATH。

誰も聞いてないしもうなかなか会う方でないかもしれないのに、「あしたから自動車学校へ行くんです~」と触れ回るのぼせもん。

夜は成年後見の件で社会福祉士さんがたとの研修。

あーそうだそうだ。

私生まれて初めて、まじで風邪を引いた際に、寝込まずに治しきったよ。

I got it!

上の英語は「やったね」という意味だと思いますが、この言葉を使うとき、私は、若かりし頃ハワイに遊びに行ったときの出来事を思い起こします。

とあるガソリンスタンドでセルフのガソリンを入れようとしたのですが、外国のは日本のと操作が違っていて、機械が動作しませんでした。

そこで、私は、近くにいた外人さんに入れ方を教えてもらおうとした矢先、ガソリン注入に成功したのです。

そしてその時、私が発した言葉がななんと 「I got it!」

すると外人さんは「You got it?」と聞いてきましたので、私は「Oh yeah!」と答えたというわけです。

なんだかネイティヴ~。

あ、ちなみに私は英会話力ゼロ。そのときだけ外人の霊が降りてきました。

Ten「くだらないハナシしてるんじゃないわよ」

Mix「…?」

2009年5月14日 (木)

くしゃみ

じゃっかん体調不良DAY。

でも、アレがアレだから病院に直接GOしたらだめなんですよね…

箱崎法務局へ行く途中に見つけたポスターにもそのように書いてあったので、そこに書いてた保健所に電話してみました。

そしたら「海外渡航の有無」と「最近海外から来た方との接触」の2点を質問され、いずれもNOでしたら、「それではかかりつけの病院に行ってください。」とのことでした。

にゃるほろね~。とりあえずちょっと安心。

その後某区役所へ行きましたら、たまたま外国人の方がおられたのですが、その方が「びえっしゅ!びえっしゅ!びえっしゅ!びえっしゅ!」とくしゃみ連発してました。全身震わせて。

あ、外国人の方がどうということでないですよ。

オーラが弱ってる今の私にとって、そのくしゃみスタイル、ちょっとドキドキしちゃうかもなー…なんて。

自分がつけてたマスクを、こっそり固定しなおしたりなんかして。

まあとにかく健康がいちばんですね。あのときの外人さんへ。いくら良い天気といっても、Tシャツ短パン&ビーサンルックはまだ寒いんじゃないかと思ったYO!

2009年5月13日 (水)

ニュースウォッチ9の田口五朗の心にも思ってないコメントぶりに目が離せません。

今日は金融機関さんへ登記済をお渡しした以外は事務所でお客さんしたり書類を作ったり。

スタッフ嬢には相続登記の回収やら抹消登記出しやら戸籍集めやらの旅に出てもらう。

お昼ごはんを買いに行ったときうっかり日傘を持っていかなかったら、空気中UV-A波もB波も充満しまくりで後悔しました。

どうでもいいですけど「ハゲタカ」映画化。鷲津さんをワイドスクリーンで拝めるとはありがたいですね。

大森さんは雑誌フィガロにも登場なさってました。俳優さんなどに疎い私あたりが心の内でキャーキャー言うくらいですから、全国の大森ファンはノロシを揚げて喜んでいることでしょう。

いつもDVDで済ませてしまうのですが、私もにわかファンとして、ぜひとも映画館に足を運びたいと思います。

2009年5月12日 (火)

業務報告

今日は朝からずーっとお客様。途中に家裁へお伺いして有難いお話しを伺う。がんばるぞーーーーーーーーーー!!

夕方、成年後見の会議。会議で懲りずに生意気発言をしてしまい、罰としてチラシ作成の刑を受けてしまいました。

アタシ別にチラシ作るの得意でもなんでもないのに ┐(´-`)┌

一日がすごく長かったな。明日もがんばるぞー!!

2009年5月11日 (月)

こんなくだらないこと書くのも、暑かったから。

あっつーーーーーーーーー

2009年の初☆汗ダクダク日(汚いなあ、もう!)

暑いうえ、さらに、お取引場所に行ったら私が到着ラストで、いきなり「じゃ、先生どうぞ」って言われてしまい、事前に施していた化粧が一瞬で落ち果ててしまったほどです。

顔面のイリュージョンです。 

ワーワー (←喝采)

そしてくやしいことに今年初めて蚊にも刺されてしまいました。

コンビニでFAXをしているとき、蚊野郎がいたので、「やだなあ」と思ってかなーり警戒していたのですが、私がちょっと目を離した隙に、かゆい液体を膝に注入しやがりました。

だいたい私は蚊が大大大嫌いなんじゃー。あ、芋虫とかもだけど。

夕方周船寺駅に降りたら、キャベツっぽいがちょっとしてきたんですけど、この匂いを嗅ぐと、小学校3年生の授業で、キャベツ畑にモンシロチョウの子ども(ええ青虫のことです)を採りに行く時間があったことを今でも思い出します。

畑に入り、キャベツの葉をめくれば、ホラそこに青虫ちゃん……マジで死ぬかと思いました。

オチなし~

2009年5月 8日 (金)

くるま

今年のなかで、自動車免許がもっとも必要だった日とは、もしや今日だったのではないかと。

お取引場所は問題なく行ける場所ではあったのですが、なにせ今回は不動産屋さんに相当気を使わせてしまいますた。

…というわけで自動車学校の仮申込みをして…みた…。

スタッフ嬢は「私についた先生は路上教習でも居眠りしたから、進む方向すらわかりませんでしたが、いま無事故無違反ですよ。」などとなぐさめてくれましたが、いっこうに気が休まりません。

iphoneアプリのサーキットレースゲームでも、スタートしていきなり逆走するくらいだしね。

こわいよう!!!!とにかく!!!!すべてが!!!!

自分のことばで言う

GW明けたと言えども、木金のあとまた休みが入る感じが、サラリーマン時代は相当嬉しかったのう…。

さてさてGW明けは、家裁などへ報告書を提出したり登記を出したり金融機関さんへ書類をもらいに行ったりお客様と打ち合わせをしたり会社登記完了分をお渡ししたりなどなど。

GWは遠出はできませんでしたが、岩盤浴へ行ったり本をいくつか読んだり肉祭りをしたりしました。

GW中に追いついた業務もあり、次の業務の道筋などを考えたりしちゃったりして…

本といえば今さらながら勝間和代の「起きていることはすべて正しい」を読んでみたよ。

勝間さん、アンタすごすぎるよ…というような脱力発言はしないこととして、いつもくよくよしがちな私には、失敗も学びの場として前向きにやってこーっつー気になったので、いい本でした。

で、感想とは別のことですが、本を買う際、皆さんアマゾネスなどでレビューチェックしたりしませんか。アタシはすることもあります。

で、この勝間さんの本のレビューを見ますと、もちろんたくさんのレビューが書き込まれているわけですが、最初のほうは星5つ!とかばっかなのに、後半ゾーンだと星1つでボロクソに書いてあったりするの。

レビューってほとんどの場合匿名なので、より一層本音が出やすいともいえるけど、楽天とかアマゾネスとかみたいな大きなサイトになってくると、匿名ならではの大衆心理が働いているというか、要は、いくつかが「いい」と書けばそのタイプの人がわーっと書き込んでいってどんどんそれが増殖するけど、いくつかが「最低~」と書けばそのタイプの人がわーっと書き込んでいって、いじわる発言連発みたいになってきたりもして。

そういう状態のマックスがいわゆる「炎上」ってやつなんでしょうけど、本のレビューでもそう思ったり。

レビューに頼るな~ってところなんですが、でも楽しいよね@コスメとかさ。しょうじき@コスメで死ぬほどチェックしまくって買い物しても、その高評価が自分に当てはまったことってない…そんなことありませんかい?

自分のものさしで考えて自分のものさしで発言することは勇気がいるなーと思うタイプの私でございますが、それを意識して継続することが、自分に自信をつけることなのかも、と本そのものの感想とはじゃっかんずれたところではありますが、そのように思いました。

だらだら書いたなーすいませーーん

2009年5月 3日 (日)

つらつらと。

今日の日経新聞に、グラミン銀行を立ち上げてノーベル平和賞を取ったユヌスさんのインタビューが掲載されており、とても興味深く読みました。

要約してみますと、貧困や環境、少子高齢化などの問題について、これまでは行政にお任せしていたものを、企業やNPOが、ビジネス的な視点をもって、たんなるボランティアではなく、継続してそのことに取り組んでいく、という「ソーシャルビジネス」という形態を語っておられました。

ユヌスさんが語る内容を理解したとは思えませんが、「ソーシャルビジネス」は利益追求目的ではないので、それだけでは成り立たないけど、利益追求型ビジネスで得たお金や、「ソーシャルビジネス」を手がけている企業に対する援助資金などを使って、効率的に「ソーシャルビジネス」を持続経営していくことができるようにしてゆく、という感じですかね。

誰かのためになった~!という満足感が「利益」となる…お釈迦様的発想の賜物なので、日経記者の「理想論とも言える(が、実際は実現を目指す機運は世界にある)」という一文がありますが、正直、そうだよね~と私も思う。

ま、利益を追求する部分すなわち土台がしっかりしてないと、そんな余裕もないわけで、つまり現在自分の事務所経営だけでひーひー言ってるで私が大きく語ることは何もないっつーことですが、私のことはさておいて、法律サービス業としては、もしかしたら、このような発想は持ち込めるよな…と思ったり。

ちょっとずれるけど、今、司法書士や弁護士が法人化して、とくに債務整理業を中心に大きくやっておられるところがありますが、たくさんの業務ができるだけに、費用も安くしてあるところがありますね。

「ソーシャルビジネス」とは違うけど、これまでの法律事務所などよりは、行く方としては、比較的行きやすいんではないかと。

士業の事務所って、ちょっと敷居が高いイメージあるし、外からだとどんな人がやってるかなかなかわからないしね。

まあたまにダークな話も聞かれますが、それは個人事務所も同じだろう。

「法人」ってゆうだけで、「そんなにでかくしちゃって…」みたいなご意見を聞くこともあるけど、ユーザーにとってはメリットも多いんではないかしら。

あ、私が法人化するとかじゃないんですよ。相手あってのこの稼業。いろいろあっていいじゃーないかという話よ。

何が言いたいかわからなくなってきましたが、とにかく世界の事情はどんどん変わっていくから気をつけとかないといけないねぇってことざんす。

« 2009年4月 | トップページ | 2009年6月 »