« 大人の女 | トップページ | インフルエンザの注射は針が痛いんじゃなくて液が痛いんだそうです。 »

2008年1月29日 (火)

秘宝 阻止!

特別代理人選任申立書を作成。いいんでないかい?…と思った矢先に自分の謄本取ってなかったことに気づきんぐ。ふ…。

寒いからか行動がのろいアタシ。今日届いた「月報司法書士」をまったり読みんぐ。今月号は司法書士名称改正を盛り上げてます。

名称の候補になっているいくつかに対して、長所コメント短所コメントが載っていました。

例えば「法務士」の短所 『法務省に従属しているようだ』 なるほろ。

「法理士」の長所 『税理士、弁理士とともに「三理士会」を結成することも検討できる』…うーんこれはどんな企みなんでしょうか。

「司法士」の短所 『“書”を取っただけ』  たしかに!

「司法支援士」(←これはすごいですね)の短所 『漢字5文字でやや冗長』 …

どうなんでしょうね、変えるの。「名は体をあらわすから!」と理由のひとつにあがってますけど、そういうこともまああるかもしれませんけどね。

しかし今でも電話で「司法書士の熊本です」とコトヅテしたとき、「しほう…ほし さまですね」とか、「ひほう そし さまですね」とか言われるくらいだから、こういう士業のなかでも浸透しづらさは体感済みです。

「ひほう そし」とか、かえってどんな仕事だよ…ってツッコミたくなるんですけどね、こっちとしては。

« 大人の女 | トップページ | インフルエンザの注射は針が痛いんじゃなくて液が痛いんだそうです。 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 大人の女 | トップページ | インフルエンザの注射は針が痛いんじゃなくて液が痛いんだそうです。 »