« 2007年2月 | トップページ | 2007年4月 »

2007年3月30日 (金)

法教育

月1回来てくださる業者さん。お嬢さんが4月から小学校入学だそう。
ピカピカのいちねんせい、おめでとうございます。

入学といえば、来週の土曜、福岡大学の法学部の新入生を対象に、司法書士会で「消費者契約」に関するお話をしに行くのです。

お話といってもぜんぜん堅苦しいものではなくって、数名が寸劇形式で、デート商法とか、契約トラブルに関する実態をお見せするという、ちょっと危険なプレイ。

あたくしの役どころ?あたくしは昨年秋に西日本短期大学でやった同様の講義のときに、若く美しい女子大生の役をいただいたんですが、その際、役柄はぴったりだったんですけどね、自分は決して女優になれないことを痛感いたしましてね(要するにまるきりへたくそだった)、今回はナレーションのお手伝いざます。ホホホ…

ちょっと大げさですけど、こういうの、いわゆる「法教育」って言ってます。(「教育」というワードが偉そうでいかんね)

この世には、法をかいくぐって、私らからお金(←ここ書くときちょっと思ったけど、考えたらトラブルのほとんどがお金のことだわ…)を巻き上げていこうというワナがいっぱい仕掛けてあります。

ワナを取り締まるために法律を作ったり、行政が指導したり、警察が動いたりしても、イタチごっこですから被害はなかなか無くなりません。

ワナにかかっちゃったら、もちろん私らに頼んでくだすっていいのですが、何といっても、ワナにかかった事実は、ご本人の心にダメージを与えます。

それに、奪われたお金を既に使われてしまっていたら、もしくは振込め詐欺みたいに相手がどこにいるかもわからない場合は、たとえ私らが手段を講じたとしても、お金は戻ってこないかもしれません。

だから、ちょっとでもそういう事例なりなんなりをインプットしておくことで、「あ、これはキナ臭い…」と感知できたり、ワナの途中で「いかん、方向転換しなければ」とか思ったりして、傷つかず、または軽傷で済むことがおおいにありえーるのです。

今回の学生向けのぶんについては、私はパシリにもならない参加ですが、いつかは、自分が業務を通じて経験している「ああああっなんでこんなになるまで…」とか「そ、そんなことがあっていいのかっ!?」みたいなトコロを、今宿の中心から叫んでいきたいナーと思っております。

2007年3月29日 (木)

電子認証キット

年度末。 粘土松?

今日も昨日に引き続き訴訟系トラブルの渦にほんろうされるかたわら、戸籍取りに行ったり書類作ったり電話でけんか…もとい交渉したりetc

あっそうだ!今日、とうとう私も「電子認証キット」を発注したのよ~!私が選んだのは鹿児●ネットワークという会社の「司法くん」のモノ。ここはセッティングや使い方説明もしに来てくれる、まさにPCオンチの私のためにあるようなサービス付だったので決めました。

これさえセットできれば、設立の定款認証に必要な印紙代4万が不要になるのです。すんばらしーーーーー!!

定款もさることながら、これからはもっとオンラインで申請することにも慣れてかないとね。

カメのように遅々とした歩みですが、バージョンアップしていかなければなりません。

2007年3月28日 (水)

裁判するかしないか

ココログフリーサイトのメンテナンスで昨日も日記書けず。けっこうメンテ多いです。ご苦労さまです。

昨日は昼から地裁へ訴状提出。受付の方にチェックしてもらい、細かいところは直していただく。むっちゃいい人だったYO!

あとは、相手方に届く訴状副本には黒いオーラをどっぷり注入。

エコエコアザラシエコエコザラザラ… (題して「呪う作戦」)

そして最後はやっぱり パンパン!! (かしわ手) な~む~…(題して「神仏頼み作戦」)

とにかく、よろしく頼みましたよ。

ところで「訴えたい」系のご相談がにわかに増えた、ここ最近の当事務所。春だから?春闘?(←意味違う)
争いごとはできれば無いほうがよろしいでしょうが、泣き寝入りというのも切ない話ざんす。

ADR(裁判外紛争解決手続)的発想でいけば、双方WINWINの解決もありうることになりますが、実際の事件は、最後にお互い手を握りあい「ラララー」とか言っちゃって走り出しちゃうようなドラマ的展開は少ないかもしれないねぇ…。

相手に「うぬぬ」と無理やりひざまづかせる究極の手段のひとつが「裁判」かも。しかし「裁判」ではこっちが「うぬぬ」と膝をつくことにもなり兼ねないギャンブル的要素もあり。

訴えた側が傷つくこともあるわけだから、訴えるという行為はあの手この手をやった後のリーサルウエポンにしたほうが良かろうと思われます。しかしやむをえず訴訟を起こすならば、全力で戦わないといけません。

そうしないと、仮に自分が「うぬぬ」になったときに後悔するでしょう。でも、逆に精一杯やれば、結果がどうであれ、ご自身のなかでは気持ちの整理といいますか、気持ちの折り合いがつくのではないかと思います。

切ない話ですけど、やっぱしやるときゃやらんと次に進めない…っつーこともあるんだよね。

2007年3月26日 (月)

春がやってきた

今宿法務事務所始まって最初にお受けした債務整理手続きがようやく本日終了。お客さんに和解書などもお渡ししました。

長かったですが、おつかれさまでした。

でも、こっから先の人生のほうがずっとずっと長いわけで、生活再建についてはやはりご本人やその家族が協力し合ってやっていかないと、ふたたび立ち行かなくなります。

人生山もあれば谷もある…でもそのギャップはできるだけなだらかにしたいもの。偉そうに言うのもなんですが、堅実な暮らしを心がけていきましょう、お互いに。

でもま、ギャンブラーかつドラマチックな人生もよろしいでしょうし、とにかく自分が納得できればそれでよいのですね、きっと。

夜は不在者財産管理人、相続財産管理人、失踪宣告の手続きなどに関する勉強会でした。ちょうどこのあたりのご相談があっていたのでタイムリーです。

赤坂に行ったら桜が咲いてました。もう春は目前ですよ!

2007年3月22日 (木)

いろいろのこと

いやあ、あったかくなってきましたね。

ここ数日続いている債権者さんと和解交渉。相手も私も納豆のやうに粘り強いぞ、ハーハー…。ようやく解決いたしましたが、その後は若干ご歓談を…詳細は書けませんが、みんな頑張ってるんだよね、それぞれね…。

午後は成年後見の件で病院へお出かけ。

夜は敷金問題研究会の勉強会でした。最近、中央(関西かな)のほうでは敷引ならぬ「補修分担金」などという名目で事前に請求したりするらしい。うぬぬ、そもそも補修自体が貸主の義務なのではないか…と思いつつ。

またしても余談ですけど、昨日のシンクロナイズド観ましたか?団体競技、各国とも国を背負って見事な演技でしたねえ。ほんのちょっとの乱れとかが大きな減点になってしまう超ハイレベルな争い。あんなに表面は美しいけど、あそこまで完成させるのに、個人で、みんなで、すんごい練習をしているのだ~。

シンクロ見ると、いつもそういう背景とかを想像してつい泣けてきちゃうんだよなぁ…え?歳のせいですか?

2007年3月21日 (水)

再婚禁止期間の改定

昨日の日記「あしたもがんばろう!」……って、きょう祝日じゃんか!

家族が出張のため、朝、我が家の可愛い可愛い目に入れても痛くない雑種犬(←親ばか)の散歩をいたしました後、事務所へ。

昨日も書いてたけど、金曜土曜が動けないので、絶対にやっとかないといけないことがあるのら~。

わからんことも多いので進まないとこは進まないけど、とにかくできることからやるのら~サクサクサクサク…。

ところでいきなりですが、民法の女性の再婚OK期間が短くなるっぽいですね。今は6ヶ月間再婚NGです。理由は「男女差別じゃーっ」ではなく、「子の福祉のため」なんですよ。

お腹の子のお父さんが前婚のほうか後婚のほうかわかりづらくなるから、こういう規定があるのです。

でも、嫡出子推定規定も見直されるようですから、今回の再婚禁止期間も見直しがかかるということで。

むかし民法が出来たときはDNA鑑定とかなかったろうから、推定規定を設けたのはしょうがなかったと思います。

しかし、これらの規定が緩和されるということなら、ちゃんと生まれてくる子どものルーツがはっきりするような方法を合わせて決めておかないといけないでしょうね。

結構大胆な見直しなんじゃないかと私は思うのですが、現在の実情に合わせた改定はなされなければなりませんもんね。

ちょっと違うけど、くだんの「赤ちゃんポスト」に安倍総理が「ポストということばに違和感を感じる」などとおっしゃっておられました。

確かにそうかもしれないけどさ、その心が何なのかがポイントなんだよ!…などとアンチ晋三な私はひとりつっこみです。「ナントカ還元水」のほうにもっと違和感を感じてほしかったよ…とかね。

どうでもいい話連発ですが(祝日だし)、今の私の楽しみは「きょうの猫村さん」の3巻がいつ出るか、ということくらいですか。ハハハ…(しんみり)

2007年3月20日 (火)

名変は奥深い

こんにちは~~(だいたひかる風で)

もっとマトモなこと書きたいこのブログですが、なんか落ち着かない今日この頃。春だから脳に大変なことでも起こっているのかしら…。

単純な名義変更登記(略して名変)と思っていたらば数日いろいろあって、結局役場さんが、昔々に戸籍転記の際名前の字を違えてたことが判明。

あううううううう……というか、しょーじき原因がわかってホントにホントによかったYOOOOH。私の謄本の見方が間違ってるのか!?などとかなり切なく悩んでたんです、まじで。あーもーよかったーーーーー

今週は金・土がお客さんとの用事でどうしても動けんとです。うぬぬ。

あしたもがんばろう!

2007年3月19日 (月)

業務報告

 金曜日から記書いてないで申し訳ないです。

えーっと金曜日はインフルもほぼ治り、さらにタミフルの力も借りつつ、フル回転でお仕事したでござる。しかし病み上がり期に走り回ったためか夜はいきなり体内電池切れ。急激にぐったりしたその顔を鏡に映せば、叫んでないムンクの顔がそこに…ぎゃーーーーー

そして土曜日は前原で無料法律相談会に参加。20件くらい面談相談がありました。反響が大きくて良かったです。帰りは女子書士とお茶しつついろいろ話す。しかし土曜も病み上がり継続中だったためか、夕方またしても電池切れ。もはや夜は口も聞けないくらいの疲れっぷり。

そして今日。ようやく完治したようで、体も軽くなりました。

あしたもこの調子でがんばります。

しかしどうでもいいことでしょうが、女子としては肌の手入れとかもがんばらんとやばそうです。ぬおおおお。

へんな文章でごめんなさい。

 

2007年3月15日 (木)

タミフル書士

タミフル恐るべし。

頭が割れるかと思った高熱も一夜明けると結構さがった感じ。しかし慣れない高熱だったせいか体がフラリとするので、どうしてもお届けすべき謄本とかを届け、ちょこっと事務所に出て電話かけたり郵便物を整理したりして後は家に戻っておりました。

しかしまあどんな仕事もそうですが、ホント健康には気をつけとかないといかんですよ。私も今回つくづく思いました。自分ひとりしかいないと、自分が仕事しなかったらまったく何にも進行しないっちゅうのが…。

といふわけで、また金曜から通常営業していきます!ヤホーッ!(←タミフル効果)

2007年3月14日 (水)

いんふるえんザ

なんか調子悪いなと思っていたら、インフルエンザ(A型)でした…

今日も朝から、なんかだるい…ナゼ?…と思いながらもお客さんしたり(ごめんなさいお客様)、昼から法務局や役場に行ったり…でもでも、なんかまっすぐ座ってられなくなり、病院へ行き鼻にこより突っ込む検査をしたらね、案の定だよ。しかも高熱。気づいてほしい自分。

とりあえず事務所に戻り、仕事の整理をして、今日絶対振り込まんといかん債権者さんの振込み(いっぱいあった…今日に限って)を終え。

今タミフル飲んだけど、効かないよ?…っつーか早く家に帰りたいよ~!でもきつくて帰れないよ~!

今日出会った方、もしインフルにかかったら、ごめんなさい!!!!!なんか体力が衰え気味の人がかかるらしいです。ほんとすいません。

いちお「キレイキレイ」で激しく事務所内除菌行動。自分もキレイキレイ飲んで除菌でもしたい気分。

というわけで、今週は事務所にお越しにならないほうがよろしいと思います。ほんとすいません。

2007年3月13日 (火)

祈祷商法

今日は一日事務所で作業。

債権者さんと言った言わないの話になる。

もお、こちらは文書で出してるんだからそんなに言うなら文書で返事してくださいよぉ…とここはおばちゃん司法書士らしくしっかりごねる。体調もいまひとつなので余計にごねる。

担当者さんごめんなさい。でもありがとう。

ところで、祈祷ビジネスも悪徳商法の一環としてクーリングオフできるようになるらしいです。高価な壺とか開運印鑑とか、そんなのとおんなじような感じですね。

スピリチュアルな現象も世界に無いとは思わないのですが、きっとそういう類は、営業マンがやってきて、高価な対価を払って得られるようなものではないと思います。

とうとうマスク着用。花粉症ではない…はず!ぎゃー…

2007年3月12日 (月)

業務報告

金曜の影響が濃厚だったのか、土日に来客あるも幾分すべり気味(アポの時間勘違いするし!)。大事な研修にもわけあって出ることができず。無念。

今日は、何人かのお客さまが書類を持ってこられたりしてちょっと慌しい感じの一日。

体調がちょっとすぐれないけど、明日になったらだいぶんよくなるかなあ。

2007年3月 9日 (金)

ゾンビ所長と飛び出す心臓

前原の農具やさんに、「しいたけ駒 入荷しました」という貼り紙がありました。「しいたけ駒」って何?

今日はですね、週末としてはいい日になる予定だったんですよ…朝から登記出して、お取引行って、登記出して…夕方からはひとつサウナにでも行ってくるか、ぐらいの(おっさんかよ!)勢いだったんですけどね。

それが午前中にひとつの電話がかかってきたことで、私の週末モードはシャボン玉のやうに消え…まさに、うしろからひざカックンをやられたような…ええまあ私のミス☆ユニバースなんですけどね。っつーかミスだよミス。

まあ、誰に迷惑かけたわけでもないから、いいや…って思うようにしてるんですけどね…けどね…けどね…どね…

その事件が発覚して、しばし法務局のロビーで屍になっていた私。同業の人に声をかけられてはっと生き返りました。

しかしそこからはゾンビですから、イキイキするわけありません。

でも、午後に同業女子からTELあり、彼女も「心臓がのどから出てしまいそう」くらいの瀬戸際外交を現在繰り広げているらしかったので、彼女とは悩みのレベルが違いすぎるけど、「みんな大変なんだ」とか思い。(○○嬢、ガンバレ!)

これからまた気合いいれていきます!

2007年3月 8日 (木)

長くても

レイク有人店6割閉鎖…。

他のところも同じような状況でしょうか。退職する社員さんたちのことを考えると辛いものがあります。

過払い金返還が響いているのですね。

過払い金といえば、お客さまのなかには「取引が長いから過払い金が絶対あるはず」と言われる方もいらっしゃいますが、私の感覚としては、10年くらいの取引でも、半々かな~という感じです。

だからと言ってそのまま今の状態を放置していても良くなることはひとっつもありませんから、お近くの司法書士や弁護士に相談されてみるとよろしいかと思います。

福岡県司法書士会ではお近くの司法書士を紹介する「総合相談センター」というのをやってます。県内6箇所に設置しております。電話番号は…あああ時間がありません。

「福岡県司法書士会」「総合相談センター」で検索すると出てくる、カナ~?(すいませんいいかげんで!)

2007年3月 7日 (水)

机のひきだし

 でっかいホチキスがやってきました。いやあずっと買おうかどうしようか迷ってたんだけど(迷うな)ね。もう分厚くなった書類もこわくありませんよフッフッフ。

 ところで私の机は引き出しがついてないタイプ(!!)なので、事務用品のほとんどは机の後ろの棚ありますが、スタンプ台とか、いちいちくるっと振り返って取るのもしかして無駄な時間?

 日経新聞に事務員のプロのような方が紹介されていて、それを読んでると、事務時間の短縮は、おざなり(なおざり、か?どっち?)にしてはいけない気がしてきました。

 横机あったら便利かもね…。

2007年3月 6日 (火)

生活保護費の不正受給

2005年度の生活保護費の不正受給が12500件、約72億円あったそうです。これは昨年より1600件増、10億円増とのこと。

不正受給というのは、働いて収入を得ていることを隠したりして保護費をもらっていることを指します。

働いて得た収入を全く申告していなかった人が約6700件とほぼ半分を占めるところは問題ですよね。

不正受給の方のなかにも、収入は最低のところで、保護費を受けてようやく…という方もいらっしゃると思いますので、一概に「イカンぞ」とは言えないかなあと思いますが、本当に受けないといけない人が受けられない、という事態はなくさなければならないです。

うちの事務所のお客さまのなかにも、いったんはご自分で相談に行かれても申請するところまでいきつけなかったけれども、ご家族が再度保護課に足を運んで、申請が可能になりそうな場合もあります。

ご家族や司法書士、民生委員の方とか、第三者がご本人と同行するだけで、申請することができるようになるってことは、案外多いのではないかと思いますよ。

あきらめずに、周りに相談してみてはいかがでしょう?

2007年3月 2日 (金)

八青会

 もう金曜日。登記済証をご返却したり、債権者へもろもろの書面を送ったり。午後に1件ご相談を受けたあと、事業用敷金返還請求の件で、敷金返還のザ☆プロフェッショナル先輩に指導を仰ぎに行ったりしてました。気づかないところに気づかされて勉強になりました。

 ところで、日経新聞の夕刊に、「八青会」の活動についての記事がありました。八青会というのは、大阪の13士業の有志が集結して、全国レベルで、過疎地や離島などで相談会を開催し、相談者の幅広い悩みのニーズに応えるという組織です。

 なんと沖縄や大分、高知、鹿児島県屋久島あたりまで相談会をやってるらしい。

 この活動が素敵だと思うことのひとつは、いろんな士業が連携して相談を受けるので、相談者に対するワンストップサービスが実現できているということです。もちろん短い時間内での相談だと思うので、個別具体的な回答までは得られないにしても、相談者にとっての満足度(安心感)はかなり高いのではないかと思います。

 それにしても、沖縄にも大分にも高知にも鹿児島にも各士業はいるはずなのに、遠方の八青会が相談会を開催すればとても喜ばれるらしい。

 各県の士業がさぼっているわけでは決してないと思います。たぶん地元にいると、自分の県の状況を客観的に見ることができないので、悩みのニーズやそのジャンルに気づくことができないんじゃないかな。あとは絶対的な人数不足。

 この相談会は準備にもとても時間がかかると記事に書いてありました。仕事以外のことに取り組むというのは結構な負担になりますし、意識的に前進していかないと、途中でしゅるしゅるになっちゃったりしそうだし、この会が続いていることは、ほんとそれだけで偉いわ~と思ってしまいます。

 私ら福岡県の司法書士たちも電話相談会や無料面談相談会を3月4月にかけて行います。そのほかにも、司法書士会では今、高校や大学(4月は西南と福大)での出張法律講座などもやってます。

 八青会のような士業間をまたいだ全国活動レベルの組織の成功はレアだと思いますが、要は、なかなか法サービスを享受できない人達に、相談をする機会を提供するということだと思うので、私もひよこ侍ですが、やれる活動にはできるだけ参加していきたいです。

2007年3月 1日 (木)

吉田万三を(勝手に)語る

 東京都知事選がなんだか面白そうなムードになってますね。

 黒川紀章も、石原都知事のこと好きなのか嫌いなのかわかりません。でも、東京五輪のメイン建築家が安藤忠雄だったから、その辺の確執があるに違いない…などと勝手に詮索。全く余計な世話です。

 そして石原都知事は、出馬を迷惑がっているらしい。ひょ~…

 また、浅野さんの出る出ない、で周りは踊り狂わされて(特に民主党)ますよね。ご本人も勝ち筋を見極めようとされているのでしょう。でも出るんですよね?

 そんなてんやわんやの中、私的に気になるのは共産党の吉田万三。うっかり万三’sホームページまで見てしまったよ…。ホームページの中で公約として掲げているのは、ほとんどの民衆が「こーしてくれ!」と願うことばかり。しかもいい人っぽい…。

 それなのに、きっと彼は当選しないのでしょう。ま、当選しても共産党だから(←ごめん共産党支持者の人)与党とか官僚の勢いに負けて結局公約達成できないからかな。いい人そうだから、押し弱そう…。

 しかし、無党派層の私といたしましては、ちょっとほっとけない感じがします…って、私は福岡県人なんでこれまた余計な世話ですね。んじゃ。

« 2007年2月 | トップページ | 2007年4月 »