« 定款の原本証明 | トップページ | ADR=解決サポート »

2007年2月 7日 (水)

もつ鍋

接客で出したお茶がおいしくないぞー…っつーてもお茶入れたのアタシ?文句言っても即自分に戻ってくる、今宿法務事務所です。(部下ナシだからね)やはりお茶はおいしいお水で、ゆっくり抽出せんといかんね。

昨日も書いてた法人登記は未消化ながらも勉強になりました。久しぶりに条文読み込んだ感がします。昨日とか夜18時ダッシュで百道の図書館に行って書式精義を血眼でめくり、しかもなかったから図書館閉館後ダッシュで天神の丸善に行き、商業登記本見まくりです。でもお目当ての一文は見つからなかったわ~。結果はともかく、福岡法務局法人登記の登記官さま、私の(今となっては)夢物語におつきあいくださってありがとうございました。

今日はお客さんともつ鍋食べに行くのです。コラ~ゲンでお肌復活です。若く美しい福岡の司法書士といえばアタクシ(ごめんなさい大ボラこきました)ですが、コラ~ゲンはお年頃の女子には大変ありがたいものです。

ですから、明日の午前中はお客さんと会わないほうがよいかもしれないと思い、午前のアポを入れてません。午後からは、またさわやかなクマモト所長に復活予定です。

(↓ここからはデトックスタイムですので、オーラ強い人は読まないほうが…)

あと、今日は何とも言えない電話を受けてしまいました。もうマジで「なんでそんなこと言われなくちゃいけないのアナタに…」と思い。

いままでのクマモト所長なら、こんなときでもかーなーりメソメソしますが、もう今日はいいでしょう。私はクマモトだけど熊じゃなくて人やねん。

司法書士の仕事はわかりづらいので、いろいろと説明する義務があると思っています。説明は聞きたくないけど費用だけ教えて、ならば具体的な情報をいただかないと。

電話でのご相談も、本当はすべてシャットアウトしたいわけではないんです。実際、私と電話だけでずっとやりとり(相談)している方も何人かおられますし、費用だって答えられるものは答えてます。

「アンタを信用してやるか」「いろいろ不安だけどアンタと一緒にとりあえずやってみようかと思う」「どこに相談したらわからんけどアンタがたまたまいたからね」というお客様の気持ちに、頑張って応えたいと思ってやっています。

信頼関係をほんのちょっとでも築いてやろうという、お客様の歩み寄りも、私の業務には重要なのです。私は、これからも、私なりに、ちかっぱい(博多弁…か?)ひとつひとつの案件に取り組んでいこうと思っておりますので、どうぞよろしくお願いします!今日は落ち込まないぞ!(長文おつきあいありがとうございました)

« 定款の原本証明 | トップページ | ADR=解決サポート »

コメント

 はじめまして、福岡の大学に通う大学2回生のセンと申します。 
 所属学部は法学部ではないのですが、少しでも社会に還元できるような仕事がしたいと思い、「司法書士」を目指そうと決意し、初歩から法律を学んでおります。 しかし、思うように捗らず、行き詰っていたところ、先生のブログに遭遇しました。 とても興味深い記事が沢山あり、モチベーションを再度高めることができ、更に福岡ということも重なって嬉しくなり、失礼かとも思いましが、コメントさせて頂いた次第です。 少しでも早く先生と同じフィールドに立つことが出来るよう、試験勉強に励んでいこうと思います。
 取り留めのないコメント大変失礼致しました。

コメントありがとうございます。若いのに、しっかり目標があることはほんとうに素晴らしいことと思います。

自分の資格なのに言うのもなんですが、この試験受かるためには(普通の人ならば)いっとき「ものすごく」勉強することが必要だと思います。私はまるきり普通の人なので、も、ホント歯をくいしばるようにして勉強しました。大げさ?でもまじだから笑えないし。

最初は過去問も「3時間で5問しか進んでないのかよ…」と気持ちもすさむでしょうが、理解してから進まないと、そのあと過去問繰り返しても意味ないと思われ。

あと、「3年で受かろう」「5年計画で…」とか思ったら絶対、倍時間かかるから、絶対1年で受かる!と思うのじゃ~!時間がもったいないのじゃ~!!(私は1年と勝手に思いこんでいたのに3年かかった)

資格を取ればどうにでもなる、なんてことははっきり言ってありません。しかしそれはどの世界でも同じッス。

でも、センさんが頑張ろう!と思ったことを頑張りぬけば、その後この資格取っても取らなくても、もしくは取った後別のことにチャレンジするにしても、きっとよい経験になると思います(照)

私も経営者としては全っ然なんですよ。だからお互い頑張っていきましょう!


メールでの仕事の相談はされてないのでしょうか?

こんにちは。ご質問コメントありがとうございます。

残念ながらメールでのご相談は受け付けておりませんです。

夜中に疲労感にじませながら相談メールの返信をやってる自分が想像できてしまいますし、どっちにしてもメールでは一般的な回答しかできず、直接の解決にはならないからです。
また、直接の解決になる程度の回答であれば、インターネット宇宙をお散歩すれば、私が夜中にハアハア言いながら回答せずとも、きっと素敵な答えを探せるはずだからです。

ということで、すいません。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 定款の原本証明 | トップページ | ADR=解決サポート »