« 労働ブログ | トップページ | へこむこともある »

2006年12月12日 (火)

欠けた印鑑

 登記申請を司法書士に頼むことになったら、委任状を作って印鑑を押してもらうんですが、この印鑑は登記申請にとっちゃ、かなり重要な役割を果たしてます。
 特に、不動産の持ち主が、その不動産に担保を設定したり、はたまた誰かに売る登記をまかされた場合、そのときに押す印鑑は、印鑑登録したやつじゃないといけなかったりします。

 んで、お客さんの印鑑の枠(フチのとこ)が欠けてたりした場合は、その印鑑で登記OKかどうかを念のため法務局に確認しに行ったりして、あとから補正で「これじゃー登記無理だから新しい印鑑証明書作ってやり直してください」みたいなオーマイガーなことがないようにしたりするのも仕事のうちですね。

 そんなわけで私も今日の登記申請のため、昨日の朝イチで西新に行き、調査官さんから「ちゃんと印鑑確認してくれたらOKです」の返事をもらったりして、「私ってマジ段取り良すぎ」とか悦に入っていたのですが、昨夜お肌のお手入れでテラテラに光った顔を鏡でみながら、ふと、ある恐ろしいことに気づいてしまいました。

 「登記出すの西新じゃなくって舞鶴だ」    ア~アアァァァ~…(奈落)

 もちろんその夜見た夢は苦しい夢だったような…(覚えてないけど)。8時30分に舞鶴の法務局に駆け込み、でも登記官さんに動揺は悟られないようにしつつ、とりあえず了解を得ました。朝10時にはお客さんが来ることになってたので、ほんとOKでよかったです。

 まだまだこげんありますね。今宿法務事務所長、がんばれ!

 

« 労働ブログ | トップページ | へこむこともある »

コメント

今宿法務事務所長、がんばれ!

コメントありがとうございます。ふと気づけば昨日のブログもへこみ系3連チャンで申し訳ありません。「がんばる」モードも無理は禁物、平常心を心がけたいと思います。お互いよい一日を積み重ねてまいりましょう。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 労働ブログ | トップページ | へこむこともある »