« ノムさん | トップページ | リース契約組んだ… »

2006年11月14日 (火)

いじめの損害賠償

 最近、いじめの問題がとても多いですね。私たちのときにも「いじめ」はあったわけで、今にはじまったことでもないですが、なんか辛い話ですね。

 いじめの定義としては、判例に「不特定多数の生徒が被害者に対して、身体への物理的攻撃、言動による脅し、嫌がらせ、無視などの心理的圧迫を反復継続して加えることにより、被害者に苦痛を与える行為」というのがでてきますので、そのような事実があればいじめと認定され、いじめの被害者による加害者に対する慰謝料請求が認められることになると思います。 

 額については、怪我の有無やその程度、死亡に至ったか、行為の継続性や悪質性、学校側の対応等により変わってくるとされ、また、被害者側の対応(本人が援助を求めたか、親がちゃんと対応したかどうかなど)や、被害感情の強弱によっても増額・減額されるとされているようです。

 ここで、このいじめによって被害者が自殺をしてしまった場合は、いじめの暴行による死亡とは扱いが異なり、これまでの判例では、慰謝料算定においては減額要因になっています。

 理由は、被害者の自殺は最終的に本人の意思決定であるから、というものです。また、加害者側には自殺まで予想できなかったから、という認定がなされているようです(中には予見できたとするものもあり)。これからは、この予見可能性についてはじゅうぶん認定されるのではないかと思いますが、いやはや…なんとも切ない話です。

 私は当事者じゃないので、心の辛さを「わかってるよ」とか言うつもりはありませんが、とにかく「いやだ、学校に行きたくない」という気持ちでいっぱいだと思います。

 大人になるとわかるんですが、本人さえしっかりしていれば(←これは大事)、学校とか行ってなくても立派にやってる人がいることに気づきます。「学校に行かんでいい」とまでは言いませんけど(親じゃないから)、どうしてもどうしてもつらいならば、学校で教えてもらうくらいのことは家でも勉強できますから…ということで、親を納得させてみるのもいいかもしれないとか思います。

« ノムさん | トップページ | リース契約組んだ… »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« ノムさん | トップページ | リース契約組んだ… »