« まんじゅうの恨み | トップページ | 役場めぐり »

2006年9月21日 (木)

自分のできることを知る

 夕方に某金融機関から「積み立てをしてもらえませんか」という依頼がありました。積み立てだから別に自分に損はないのでやることにしました。

 なんか私もイッパシの司法書士っぽい?でもあんまりやりすぎて自分の業務をせばめてはいけないですね。

 そして夜はリーガルサポートの少人数ゼミ、超ビッグネームの司法書士の方が私たちのグループの講師でしたので、ゼミというより完全に講義みたいになっていましたが、あの手この手のいろんな話が聞けて非常にためになりました。

 被後見人の財産を掌握し、その処分方法を決めるなど、後見人の権限はとても大きいので、それを間違って使わないことはもちろんですが、周囲の親族の声とか、自分のみの判断で「よかれと思って」やる行為とかが、うっかり後見人業務(主に財産管理)の範囲を越えてしまい、大きな問題に発展してしまうという危険が大いにありそうです。 

 被後見人との距離を保って、自分の業務権限を常に意識しつつのブレーキがとっても大事。でもせっかくのリーガルサポート、心はホットにやってみたいなと思います。

 その後は同期の人たちの飲み会にお誘いいただきました。西のはしっこにいて、周りに司法書士がいない環境なので、みんなのやってる話を聞かせてもらうのはありがたいものです。皆がんばってるんやなあ…私も、小粒ではありますがこれからもマイペースでがんばってまいりたいと思います。

« まんじゅうの恨み | トップページ | 役場めぐり »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« まんじゅうの恨み | トップページ | 役場めぐり »