2017年4月27日 (木)

たまには司法書士。

司法書士ネタで恐縮。

普通抵当権の債務者の変更登記(相続&免責的債務引受)をするにあたり、抵当権者たる金融機関の本店が移転している場合に、抵当権者の名変登記はたして要不要?

という話で。

思った以上に調べにてこずりまして、結果、法務局様からは「名変要」とのご回答を得ました。

下記の質疑応答と近い話だと思うのですが、先例や質疑応答がないから、やはり原則通りだよといふことかしらね。なかなかエビデンスが探せず。。。

抵当権の追加設定登記と既登記抵当権者の表示変更登記の要否(登研560号)
○要旨 既登記抵当権の抵当権者の本店及び商号が変更されている場合、変更を証する書面を添付し、変更後の本店及び商号を表示した追加設定の登記の申請は、受理される。

てなかんじでパリッとせずブログを終える… Σ(`0´*)エエッ!?

本日もおつかれさまでした。

2017年4月20日 (木)

走馬灯のように…(って走馬灯ってなんなん!?)

長丁場ものが完了していきます。

そのうち、不在者財産管理人のお仕事は、足かけ5年でした。

いや~…年とるはずだわ!

昨日博多駅に梨花ちゃんが来たらしいですね。見たかったな~(*´ェ`*)

2017年4月18日 (火)

つぶ

夕方、本人限定受取郵便を出しにマチ子でGO。

郵便を出した後、軽い違和感。。。

もしかして宛名の漢字、間違ってる鴨鴨鴨。。。

マチ子得意のUターーーーーーーン(危)

一度回収して事務所に戻り、やはり間違ってなかったことに安堵したのですが、もう一度外出するエネルギーが枯渇して、とりあえずブログを書いております19時30分。

ほんじゃ行ってきマース。

2017年4月13日 (木)

つぶやき

ちょっと憧れてる(向こうは知らない)福岡司法書士女性先輩のブログを時々こっそり拝見してるのですが、

飼ってらっしゃった愛犬が虹の橋を渡ったそうで、そのことが書いてありました。

涙腺崩壊。

もうね、我が家の犬も今年でオントシ17歳。

いつか別れがくるかもしれません…ぎゃーーーーー。

そのときのことを考えるだけではっきり言って…ぎゃーーーーー。

小さい頃からその手の別れに涙することのなかった冷酷人間な私なので、意外に落ち着いてられるような気もするのですが。

先輩のわんこは、ちゃんとお母さん(先輩)が見守っているなかで旅立ったとのことで(うらやま)、そこは飼い主の、日ごろの行いがものを言うような気がいたしました。

なんとなく20歳は超えてくれる気がするんですけどねっ( ̄▽ ̄)

もうあしたは金曜か。なんかこれでいいんかなーとか思いつつ時は流れる流れる流れる。

2017年4月10日 (月)

ほぼ日上場記念

同業者のみネタで恐縮ですが。

今日、司法書士会関係の会議で、少し早めに会議室に着いたので、ぶらぶらと書棚を見ておりましたら、『月報司法書士(司法書士のみに配布されている雑誌)』のバックナンバーがあったので、月報ファンの私は目の前にあった1992年あたりのを取って読み始めました。

私がたまたま読んだのは92年のとある号ですが、ななんとインタビューコーナーは糸井重里氏でした!

よくよく読んでみると、糸井さんのお父さんが司法書士だったとか!

いまじゃほぼ日上場まで行き着いた彼をインタビューしているというのはすごいし、お父さんはけっこう酔いちくれ司法書士で、夕方はもうお酒入ってました的エピソードも、今じゃーアレですが、時代的にはいい感じじゃないでしょうか。

もう25年以上も前のインタビューですが、内容は非常に示唆に富んでいるというか、時代の先見性を感じました。

当時の状況ですら糸井さんは、「短いフレーズで大衆が動かされるようになった」といったふうのことを言ってあって、いままさにツイッターやインスタなど、一瞬を切り取ったものに大衆が動くような時代の到来をすでに感じておられたのだなーと思います。

また、司法書士への提言として、政治の場に出るべきというお話をしていて、その時代も司法書士が議員になっている人は3~4人いるということをインタビューアーさんが話していたのですが、「でも、司法書士であることは言ってないでしょう?司法書士が政治の場にいるということをアピールすることが大事」といった趣旨のことをおっしゃっていて、そのあたり、今のこの混沌とした時代においても、そういう努力(政治家になるってことだけじゃないけど)は大事かなと感じました。控えめだからね、司法書士って。。。

ちなみにインタビューアーは司法書士さんでしょうか、糸井さんのラフな受け答えに、「またまたご謙遜を‥」とか司法書士っぽく堅い感じでインタビューしてあるのが司法書士らしくて(?)よかったです。

それでは今週もよろしくお願い申し上げます。

2017年4月 8日 (土)

「た」にアクセントなのか!

ここ最近、家族信託のご相談とか、信託スキームを使ってあれやこれやというお話が重なってます。

後見制度や遺言の限界と、当事者同士の思いという部分で行きあたる仕組みゆえ、これからもっと利用者が増えるんやろうなあ。

とはいえケースによっては相当長期に亘り継続する可能性のあるものもあり、どの方法を選択していくのがいいのか、ケースごとによくよく考えていきたいと思います。

どうでもいいけどジャミロクワイさんの新しいアルバムが出たということで、ラジオで最近よく紹介されておりまして、そのタイトルは「automaton」(オートマトン)というのですが、

昨日、クロスFMの桜美奈ちゃんがその発音を「あーたぁまてーん」と発音しててかっこよくてマチ子車内で何回も復唱しました。

今日も運転中にしました。

今もしちゃいそう…というか脳内でしてる。

それでは皆様よい休日を。

2017年4月 3日 (月)

おいなり

4月。

博多駅周辺の道路が混んでたため、財産管理業務のお仕事で博多駅前の銀行に15時前までになんとか入店しようと駐車場を血眼で探し、車を降りて大博通りを文字通りドタドタと走り抜けたオバハンはこちらです。

新年度なので、スタッフさんに朝イチ固定資産評価額を見てきてもらい、相続登記や売買登記を申請。

評価替えの年度ではないと言われていましたが、西区ほとんど評価変わってたので、やはりチェックは必要だなと心する。

どうでもいいけど昨日の夜はおいなりさんを作りました。

最近、今まで作ってきてないタイプのものをレギュラー的に作る、がマイブームです。

そしておいなりさんですが、いい齢して、バシッと美しく仕上げることができなかったことが悔しかったです。

いなりの袋の三角の隅に寿司飯がきっかり入れるのがねえ。しかも破らずに。

また姿勢正してトライします。

今週もどうぞよろしゅうお願い申し上げます。

2017年3月24日 (金)

つぶやき

あれやこれやで一日が過ぎ行きました。

明日あらためて、整理、準備等。

今日こそオムライスを仕上げる。

今週もおつかれさまでした。

2017年3月22日 (水)

つぶやき

似たお仕事は重なるということで、最近は、財産管理に関するお仕事がいくつか同時進行です。

相続にからんでいたりいなかったりですが、預金関係の手続きをあわせてさせていただいてます。

長丁場になるため、スケジュール管理が結構キモだったりしますが、スケ管(←造語)は嫌いではないわたくしです。

ちなみに今日はオムライスが食べたいなと思い、夕方事務所に戻る前にマルキョウに寄ってオムライスのための材料を買ってきたにもかかわらず、ただいま20時35分でいまだ帰宅してないあたり、仕事のスケ管はできても主婦としてのスケ管は最低レベル。

どうでもいい話だけど、今日夕方、お客様のおじいちゃんに会いに、もと牛小屋で今は畑みたいな感じのところに行ったらば、大人猫さん6匹くらいが勢ぞろいで、これがまた片足なかったり、片目空洞だったり、鼻水タラリ子だったり、口で息してて息がくさかったり、目やにひどかったり、とまあどれも野性味(?)あふれるノラたちで、最初私を遠巻きに私を見てたけど、私が猫愛をじわじわ出してみたら、一匹が勇気を出して私に近づいてきたのでお尻ポンポンしてあげると途端にごろごろ言い始めて、さらに他の猫さんたちも一気に輪を狭めてきてくれたので、私はその時間、幸せでした。

2017年3月17日 (金)

豪快に、丼。

昨日、昼前に裁判所に行き、その後赤坂で用事があったため、お昼は外食しちゃう?と思いたちました。

なんか最近、昼間外食することすら罪悪感があり、サササっと終わらせないといけないんじゃないかというマインドなわけです。へんな病気。

しかし私には、どうしても最近食べたいと思っているものがあったのです。

それは「丼もの」。

家でもなかなかしない『丼』メニュー。ここ数日、私の禁断が芽を出していました。

ちょうど目の前に…って自分で移動したんだけど信濃庵があり、私はふらふらと入店いたしました。

昼時ですからサラリーマンがけっこういますね、みんなどんぶり大盛りとか、そば丼セットとかを頼んであります。でもオール男。

私はこのなかで、やはり女性らしくそばにしとくか、はたまた丼と言っても山かけ丼とか、そういうのにしとくかなどと逡巡していましたが、せっかくお店に入ったし、食べたいものを食べようと思い、

メニューを指で示しつつ、ちいさな声で「かつどんを…」と頼みました。

でも、注文取ったおじさんは「はい、カツ丼ね」と元気よく復唱。さらに奥に向かって「3番さんカツ丼」と大声でオーダー入れです。

やめてぇ~と心でつぶやきましたが、ま、考えてみれば、他人が何を頼んでいたかということで、今まで別に驚いたりしたことはないわけで、そんなもんです。

いい時代に生まれたなあ。

今週もおつかれさまでした。

«つぶ…